ホワイトニングの体験談。オフィスと、ホームホワイトニングを経験してみた。

ホワイトニングの体験談

数年前に結婚写真を撮るために歯の黄ばみが気になり、ホワイトニングをすることにしました。

まずはこちらの、ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめランキングのサイトを参考にして、ホワイトニングの歯磨き粉を使い始めました。非常に参考になるサイトでしたが、私が目指す白さとはちょっと違うのかなという結論に。

ホワイトニング歯磨き粉は、歯磨き粉としては非常に優秀なものなのですが、実際に白くする・・・というよりは、自然なクリーム色に近づく感じになるので、少し効果としては弱いのかなと思いました。

 

歯医者で行うオフィスホワイトニングと家でできるホームホワイトニングの施術をすることにしました。

ホワイトニングの手順としてはホワイトニングに入るまでの治療への説明、同意できるのであればまずは保険内で行う治療の問診、口腔内診査で虫歯などのチェック、レントゲン、カメラでの口腔内写真撮影、歯の現状の色のチェック、歯周病チェック、デンタルクリーニング、ブラッシング指導などを行いました。

すぐにはホワイトニングの施術にはならず、虫歯がある場合は治療が必要だという事、デンタルクリーニングを行い数回に分けて歯石を全部除去し歯ぐきの状態が悪い場合は自宅でブラッシングを行い歯ぐきの腫れがなくなるのが改善されるまではホワイトニングの治療になかなか入る事ができないと言われました。

ここまでの治療は保険内で行い、歯ぐきの状態が改善後に上下の歯の型を取り自分専用のマウスピースを作ると言われました。
このマウスピースを作る所からが保険外治療になりホワイトニング施術という事でした。

上下のマウスピースを作るのに6000円ほどかかり出来上がるのに1週間ほどかかりました。
上下のマウスピースはホームホワイトニングを行う時にホワイトニングジェルを入れて使うものだという事でした。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングは同時並行で行うためマウスピースが出来上がり次第来院し、使い方といくつかの注意事項などの説明を受けました。
ホワイイトニングの効果は人それぞれ違うという事、日本人はどちらかというと歯の色が黄色みがかっているのが普通らしいのですが中にはグレーに近い歯の色の方がいらっしゃるようで、そういう方は歯の色が白くなるという事はないそうです。私は一般的な黄色みがかった歯の色だったので問題はないかもしれないけれど、想像しているような真っ白な歯の色になる事はほぼないという事と個人差があるのですぐに効果がでるとは限らないと説明を受けました。

普段の生活での制限について

また普段の生活でも制限があり、コーヒーやワインなどのステインがつくような生活は控えなければ色戻りがあるという事やホワイトニングは1回施術を行ったからといって永遠にホワイトニング効果が持続するものではないという事でした。私の場合は結婚写真を撮影するためだけの目的だったので特に持続を希望しているわけではなかったので施術を行いましたが、持続を希望されるのであればホワイトニングという施術ではない審美歯科の施術をおすすめします。
病院で行うオフィスホワイトニングはホワイトニングジェルを歯の表面に塗布して光照射を行い歯のホワイトニングを行う方法でした。
家で行うホームホワイトニングはマウスピース内にホワイトニングジェルを適量入れ、一定時間マウスピースを装着しホワイトニングを行う方法でした。
ホワイトニングジェルの値段は1本6000円ほどで、家で使うホームホワイトニングのジェルとオフィスホワイトニングで使用するジェルは同じもののようでした。
オフィスホワイトンングは光照射をする事によってホワイトニングの効果を早めたりするようですが、人によっては知覚過敏のような症状がでる方もいらっしゃるというお話でしたが自分がやった時には特に感じられることはありませんでした。1回の施術に1時間から1時間半ほどの時間行い、人によっては時間を短縮して行う方もいるようです。特に痛みを感じる治療を行うわけではないので歯のエステを行っている感覚で病院へ通院をする事ができました。

ホームとオフィスの同時並行

ホームホワイトングとオフィスホワイトニングを同時並行で行い1カ月ほどで歯の色がワンランク明るくなった印象を受けました。ただ歯の一部が異様に色が抜け、脱色したような脱灰したような感じに見える部分ができたのは少し気にはなりました。それが自分のホームホワイトングのせいなのか、病院でのオフィスホワイトイングの施術を行ってくれた担当医や歯科衛生士のアシスタントの不備だったのかはわかりませんが説明を受け同意書を書いている以上、あまり不満やクレームを言う事はできませんでした。
ホワイトイング効果は私の場合、1年は持ちませんでしたが8カ月ほどは効果が持続したような印象を持ちました。歯の一部が異様に白くなった部分も時間が経つにつれ元に戻り気にならなくなりましたが、ホワイトニングは今後やる事はないと思います。ホワイトイングの維持や定期的なメンテナンスを含めると治療費がかなりかかるので、ホワイトニング治療ではなく他の審美歯科治療を私は選択すると思います。

コメントは受け付けていません。